8月〈メルマガ読者限定〉色と西洋占星術と経営学から自分の12年間のサイクルを知る講座

色×春夏秋冬理論
自分の12年の人生サイクルを知って、これからの自分らしい人生を歩む

自分の人生にはサイクルがあります。

私は色彩心理学やカラーセラピーの講座を16年スクールでやってきて
自分を含め、みなさんの変化を見ながらそう感じてきました。

授業の中で、
「今、何色の位置にいる?」って聞いたり
話したりしたこともあります。

西洋占星術と経営学からできた「春夏秋冬理論」では
人のサイクルは12年でらせんのように回っているということ。

サイクル、回る。
色も色相環を見ても、回っています。
つながっています。

 

今回の特別講座では

西洋占星術と経営学からできた「春夏秋冬理論」を使って

誕生日からみなさんの12年サイクルを出し

色を使って自分の人生を振り返ります。

そしてここから先に続く12年をどう過ごしていくか。

自分で自分の人生を決めて進む

きっかけにしていただきたいと思います。

 

占いや思想に流されることも

依存することも必要ないと思います。

でも、知っていると活用できます。

 

私自身もこの理論の人生周期に当てはめながら

色を合わせて自分の人生を振り返ると

ここでも発見だらけでした。

まさに、この通りの人生を歩んできていました。

 

今回の講座は

まずはメルマガでのみでご案内していました。

なぜなら、限定された方と分かち合いたいからです。

 

メルマガを読んでくださっている方や

「色」に興味があり

私自身の考え方にも少なからず

共感してくださっている方だと思います。

 

そんなみなさんと一緒に

お互いの人生をより良いものにするための

時間を過ごしたいと思っています。

 

占いや思想に流されることも

依存することも必要ないと思います。

 

私もどちらかというと

自分で自分の人生を決めて進む方です。

 

でも、より良いタイミングで

やりたいことをできるようになればいいな

と思っています。

 

知らないより、知っていると活用できます。

 

色×春夏秋冬理論
自分の12年の人生サイクルを知る講座。

詳細です。

【日程】全2日間 計7.5時間
〈1〉8/24(土)14:00∼16:30
〈2〉8/25(土)10:00∼16:00

2日間参加できる方が対象になります。

 

【受講料】30,000円(税別)
メルマガ読者読者様特別企画です。

 

【定員】4名まで
みなさんの声、変化を聴きながらじっくり進めていきたいと思います。

【お申込み方法】

メルマガ読者様のみの企画です。

お申込みには、メルマガ登録が必要です。

〈1〉メルマガ読者でない方はまず下記よりご登録ください。
メルマガ「林由恵の色の縁」登録フォーム

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTmHSIRnMiu

 

〈2〉メルマガ読者、およびメルマガ登録後
「講座お申込フォーム」よりお申込みください
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMEvEvnAa

44.【その他セミナー】
(上記講座にないスポットセミナー)を選んで
色×春夏秋冬理論講座 平日コースと明記

 

〈3〉申込受付完了については

こちらから追ってご連絡します。
希望者が多い場合は、先着順になります。

 

人生を上昇させたい
自分らしい人生を送りたい。
スッキリと進んでいきたい。
そんな方は、お待ちしています。

カリキュラム
カリキュラム

<1>春夏秋冬理論で過去の自分を振り返る

<2>色で過去の12年サイクルを振り返り、自分の人生サイクルを分析する。

<3>色で自分の未来のサイクルを自分で決める

 

 

 

 

受講時間

全3回 7.5時間

受講料

30,000円(税別)メルマガ・LINE登録者限定

教材費

特になし

その他教材
定員

4名

日程

2019年
①8/24 (土)14:00∼16:30
②8/25(日)10:00~16:00 

講師

林由恵
A+STYLE代表

備考

お申込みには、メルマガ登録かLINE@登録が必要です。

▼メルマガ登録はコチラ

https://1lejend.com/c/qLYg/NCiO/Gg7X0/

 

▼LINE@登録はコチラ

https://line.me/R/ti/p/%40ror1580l

 

 

  • 外見を磨く〈パーソナルカラー&骨格診断・メイク系〉
  • 内面を磨く〈カラー&心理・セラピー系〉
  • 理論を学ぶ〈カラー資格系〉
  • 可能性を磨く〈色×速読・ポジティブ思考・脳活性・ビジネス付加価値〉

ページの先頭へ戻る